HOME

中高生になって矯正を思い立った方に。

中高生の矯正治療は、もう子ども向けの治療ではありません。治療方法は基本的におとなと同じになります。
ただし、30代以上のおとなよりも歯が動きやすく、矯正によって歯グキが下がってしまったりする問題も少ないため、同じ歯並びであっても中高生の方が治療方法の選択肢が多くなります。
矯正治療は何歳になってもできるとはいえ、やはり若いうちにしておいたほうがいろいろなメリットがあるのです。

しかし、見た目などのイメージから、なかなか矯正治療に踏み切れない方が多いのも事実です。
矯正治療を躊躇する理由は何でしょうか?
中学生・高校生、もしくは大人が矯正治療をやらない3つの理由
  1. 1. 見た目が気になる
  2. 2. 痛くないか心配
  3. 3. 食事がしにくそう
そこで、そんな方に少しでも矯正治療を受け入れていただけるよう、2つのプランをご案内いたします。

透明のマウスピースで気づかれずにスマートな見えない矯正

invisalign 歯科矯正の治療をより快適に、さわやかにします。インビザラインの特徴 食事の時にはずせる、通院が少ない、痛くない10代でもOK、歯を抜かない、透明マウスピース

白いワイヤーとブラケットで目立たない矯正

白いから気にならない目立たない 白いワイヤーとブラケット 矯正歯科 白いから気にならない目立たない
白いワイヤーは歯に近い色のコーティングがされた矯正用のワイヤーで、 目立たないように矯正治療を行いたい方にお勧めしています。 ブラケットと呼ばれる、歯に取り付ける部品も半透明で目立ちません。
中高生の矯正の特徴
矯正治療を年齢から考えたとき、中高生の矯正はどのような段階なのでしょうか?
矯正が必要な歯並び
自分の歯並びは本当に矯正治療が必要なのかどうか?
日本人は歯並びを気にしない人が多いと言われています。
そのため、自分の歯並びの状態に気が付いていない方もいると思います。
中高生の矯正の特徴 矯正が必要な歯並び
矯正が必要な歯並び
自分の歯並びは本当に矯正治療が必要なのかどうか?
日本人は歯並びを気にしない人が多いと言われています。
そのため、自分の歯並びの状態に気が付いていない方もいると思います。
中高生の矯正の特徴 矯正が必要な歯並び