目立たない矯正(白いブラケット・白いワイヤー)

目立たない矯正 白いブラケット 白いワイヤー

目立たない矯正 白いブラケット 白いワイヤー
白いワイヤーは、歯に近い色のコーティングがされた矯正用のワイヤーで、
目立たないように矯正治療を行いたい方にお勧めしています。
ブラケットと呼ばれる、歯に取り付ける部品も半透明で目立たないようになっています。

矯正はカッコ悪い?めんどうくさい?

矯正というと、どんなイメージでしょうか?
笑ったりするとワイヤーが見えて、矯正中であることが一目瞭然。
しかも2年ぐらいずっとその状態、ちょっと覚悟がいりますよね。
これが、日本の子どもたちが矯正をやりたがらない大きな理由だと思います。
また、親御さんとしては、歯並びが多少悪くても別にいいのではないか?お金もかかるし。と
お思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

歯並びを良くするとメリットがいっぱい

しかし、歯列を矯正する目的は、見た目を良くするためだけではありません。
①まずみなさんに知ってほしいのは、歯並びが良くないと一生自分の歯で何でも食べることが難しくなる、という事実です。
歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすくなります。歯周病は歯並びの悪い部分から進行していくので、最悪の場合、その部分に入れ歯やインプラントを入れなければならなくなります。お年寄りでも入れ歯を使わず、自分の歯が全て残っている人は例外なく歯並びがいいのです。
②かみ合わせを良くすると体のバランスが良くなり、健康を維持しやすくなります。スポーツのパフォーマンスもアップします。
③歯並びが良くなると、自分の笑顔に自信が持てるようになります。笑顔が増えるとそれだけで人生が大きく開けます。

なぜ10代のうちに矯正をしておいたほうが良いの?

①若いうちは歯が動きやすい。
歯は歯槽骨という骨に支えられています。
歯が動くしくみは、動かす方向にある骨を溶かし、後ろにできたすきまに新たな骨を作ることです。つまり、骨を改造しているのです。20代以降になるとスムーズに骨の改造がおきにくくなったり、歯グキが下がってしまったりすることがあります。
②社会人になってからだと、忙しくてなかなか治療に通えなくなる。
③早い時期に歯並びを良くしておけば、それだけ幸せが増える!

目立たない矯正、見えない矯正が有ります!

当院では、見た目を気にせず、良い歯並びの第一歩を踏み出していただくために、前歯には透明なブラケット、白いワイヤーを採用しております。
従来の目立つ素材を使った矯正ではなくても効果に違いはほとんどありません。
以下、矯正の器具の種類と特徴をあげてみました。
メリット
デメリット
インビザライン
透明、取り外し可能なマウスピース型(インビザライン)
メリット
  • 透明なので他人からほとんど気づかれない。
  • 食事と歯みがきのときは取り外せる。
  • 装置のトラブルがほとんどない。
  • 虫歯になることが非常に少ない。
  • 痛みがあまりない
デメリット
  • すべての歯並びに適用できるわけではない。
  • 装着時間が短いと、計画通りに歯が動かなくなる。
透明なブラケットとホワイトワイヤー
透明なブラケットとホワイトのワイヤー
メリット
  • すべての歯並びに適用できる。
  • 透明なブラケットと白いワイヤーで従来の矯正治療よりも目立たない。
デメリット
  • 歯みがきがしにくいため歯垢が付きやすく、念入りに歯みがきをしないと虫歯にな りやすい。
  • 装置が外れたり、口の中に傷ができたりするトラブルが比較的起きやすい。