矯正治療はなんのため?

見た目が悪いから歯並びを治したいという方も多いと思いますが、歯並びを治す一番の目的は、お口と体の健康を生涯にわたって保つことです。
歳をとるとしだいに歯の具合が悪くなり、入れ歯をする方が増えていきます。歯を失う一番の原因は歯周病です。歯並びが悪いと歯垢や歯石が溜まりやすくなるだけでなく、歯にかかる力の分布にアンバランスが生じます。過重な負担がかかる歯は歯周病が進行しやすくなるのです。
また、歯並びがいい人はいつまでも健康で若々しく、長生きができることがわかっています。歯周病が進行すると、糖尿病になるリスクが2.0倍、ガンが1.2倍、脳梗塞が1.6倍、心筋梗塞が2.1倍にアップします。健康寿命を延ばすためには歯の健康が大事、歯の健康を保つためには、良い歯並びであることが重要なのです。